エネルギー整骨臨床講座 in 東京

エネルギー整骨臨床講座 in 東京

内容

プログラム
能量整骨
これは比較的新しい分野の研究と応用であり、中国では「エネルギー正骨(能量正骨)」と呼ばれ、中国伝統医学(中医)のカテゴリーに属しています。日本語では「エネルギー整骨」と呼べるでしょう。その理論と治療方法は、古代中国の『易経』のような伝統的な宇宙エネルギー学であったり、西洋科学の人体解剖学の研究を基本としています。また、共鳴伝導の原理に基づいて、柔らかいタッチで筋骨格関節を調整することで、体の外形間、身体と臓器の間、身体とエネルギーの流れる経路、身体と精神のバランスに変化を与えてることで体をより正常に回復をさせます。そのことにより、痛みや不快感を取り除き、根本的な回復が期待されます。
講師紹介
RegisBlin 教授
RegisBlin 教授は、SFERE(フランスエネルギー研究所)の創設者の一人で、副院長を務めています。 創設以来 40 年以上に渉り、Regis Blin 氏は中国の伝統的な意味でのエネルギーの研究と発展に力を注いできました。
Jacques Pialoux氏(「古典的な鍼灸」の著者)はエネルギー学の教師であり、整骨治療法は Jean Pierre Guiliani から習得しました。
Regis Blin氏は、J. Pialouxの易経に関する研究と整骨に関する知識を基に、人体物理構造(骨、筋肉、関節、器官・・・・等)とエネルギー構造との間の対応と反応の関係
を確立しました。
技術的には、組織間の感応関係を使い、本来持つ身体の生命力やエネルギー的な呼吸の律動を戻します。すなわち「真気」を回復させます。
『エネルギー整骨』は独特な治療法として、ロシア、オーストラリア、ベルギー、スイス、イタリア、中国においても良好な治療結果を出しています。Regis Blin 教授は、世界各地で多くの講座を開催しています。今回は教授のご厚意により、この度の来日に際し特別講演を開催する運びとなりました。
講座内容 1、概要
2、頭蓋骨、脊椎と四肢骨格との関係、各骨格と十二正経、奇経八脈、臓腑とのエネ
ルギー共振関係。
3、手足、頭蓋骨および脊柱の圧力とその解放、通常のエネルギー頻度を回復させる
方法。
4、練習
5、質疑応答
日時 平成30年5月17日(木)13:15~15:45
受付:13:00~
講座開始:13:15~
参加費 無料
対象者 医師・整体師・医学生・柔道整?師・鍼灸師等医療関係者
場所 田中田村町ビル【5B 会議室】
東京都港区新橋 2-12-15
交通アクセス JR 新橋駅日比谷口又は鳥森口より徒歩 4 分
東京メトロ銀座線新橋駅 6 番又は 8 番出口より徒歩 4 分
都営三田線内幸町駅 A1 出口より徒歩 1 分
申込方法 E-mail:moriyama@dywjmed.com
氏名、連絡先、職業と職場を記入
お問合せ 03-6803-1888
主催:御源堂中医薬研究院株式会社

エネルギー整骨臨床講座 in 東京

プログラム
主催 御源堂中医薬研究院(株)
定員 先着16名 対象 医療従事者(医師・薬剤師・鍼灸師等)
日時 平成30年4月23日(月)18:30~20:30
応募締め切り 平成30年4月20日(金)
結果報告

【気機と病勢を考慮する論治】
~アレルギー性疾患における思考の中医的整体観~ 


去る 2018 年4月 23 日上海から中医師の李辛先生をお迎えし、又通訳には中医師の鐘良辰先生にご担当頂き、東京新橋にて中医臨床講座が開かれました。定員 16 名の募集に対し予想を上回る参加希望があり、大変嬉しく思います。 
講義序盤は「虚実と本気、開閉と方向、準逆と予後、標本と先後」の関係を述べられ、次には陽証・陰証の異なる治療方法を重点的に指摘し、表病・表裏同病・裏病の3タイプの状態を説明されました。その後アレルギー性疾患の症状を強調しアレルギーの本質的な問題を探求しました。 
休憩を挟んだ後半には、二人の患者様にモデルになって頂き、李辛先生の実際の診察を参考にしながら参加者全員で症例の検討を行いましたが。新しい着目点からの望診をリアルに体験頂けたかと思います。 
その後、終了予定時刻を過ぎてもなお熱い講説は続き、大盛況のうちに幕を閉じました。 
中国から中医師に学ぶ臨床講座02
中国から中医師に学ぶ臨床講座01

アレルギー疾患に対する漢方・鍼灸治療

内容

プログラム
主催 御源堂中医薬研究院
定員 先着30名 対象 医療従事者(医師・薬剤師・鍼灸師など)
日時 平成29年2月4日(土)17:30~21:00
応募締め切り 平成29年1月20日(金)

日本中医会特別セミナー

プログラム
共催 東文中醫クリニック・新橋/「中日国際中医臨床経験交流会in東京」事務局
日時 平成29年2月5日(日)14:00~16:00
対象 中国語による講座のため、中国語のわかる方向け

実績紹介